« 2017年4月 | トップページ | 2017年6月 »

2017年5月

2017年5月27日 (土)

☆ニュースレター☆

こんにちは

季節の変わり目で、人も動物も体調を崩しやすい時期ですが、

お変わりありませんか?

私は久々に熱がでて風邪を引いてしまいました

皆様も手洗いうがいをしっかりして、

風邪予防に努めてくださいね

さて、

昨年の10月から、当院の待合室に置かれている

【ニュースレター】ご存じでしょうか?

毎月、その時期に合った内容を配信しています。

Dsc02804

今月号のおすすめをご紹介

『リサイクルおもちゃ

いらないTシャツが、噛み噛みグッツ&猫じゃらしに変身♪

【材料】古着(1枚でも可、2枚あれば可愛くカラフルに♪)

Dsc02806

1、Tシャツを約2㎝程の幅でひも状に細長く切ります。

  まず脇を切り、袖から横に切ると切りやすいです♪

Dsc02807


Dsc02808

2、束ねて片方の端をギュッと固く結びます。

Dsc02809

3、束を2つにわけてこぶ結びを重ねていきます。固く三つ編みでも大丈夫です。

Dsc02810

4、お好みの長さになったら、端を結びます。

  (猫ちゃんの場合は、端を10㎝程残して結んでください。

5、完成

犬ちゃんは噛み噛み、猫ちゃんはじゃれて遊ぶことができます♪

Dsc02811


Dsc02812

毎回、なるほどーという内容がいっぱいです

是非チェックしてみて下さい

当院のホームページからもご覧いただけます

                                 看護師 中山

 

 

 

2017年5月26日 (金)

はじめまして!

こんにちは。だんだん暑くなってきましたね!

雨が降る日も増えてきて、ジメジメと蒸し暑い梅雨がすぐそこまで来ていると感じます

暑がりの僕には辛い季節です・・・

初めまして 4月からナチュラ動物病院の一員となりました、

獣医師の青木です

Dsc02648

奈良県出身ですが、関東にあこがれて神奈川県にやってきましたヽ(´▽`)/

標準語はまだまだ練習中です

動物の中では、クマやトラなどの猛獣が好きです

実家では柴犬を飼っています 遊んでほしい時はまるで猛獣みたいです

獣医になったばかりでまだまだ勉強することが沢山ありますが、

早く皆様のお役にたてるよう頑張ります

                                             獣医師  青木

2017年5月18日 (木)

花ちゃんのお注射

こんにちは

だんだんと夏らしく暑くなってきましたね!

今日は、花ちゃんの狂犬病予防注射の様子をお届けします。

まずは、体重測定!

Dsc02545_2



診察台にジャーーンプ!!

花ちゃん、自ら診察に乗ってくれて

早速!体重測定!

花ちゃんの体重公開

花ちゃん、体重維持しててえらいねー

次に、

Dsc02549


お尻で体温測定!

ワンちゃんはお尻に体温計を入れて、測定します。

お尻に体温計が入って、ビックリな花ちゃん

Dsc02546

先生に、お目、お鼻、お口、お耳、リンパ節、手、足、皮膚と

体、全体をチェックされて、ちょっと不安そうな花ちゃん

心臓の音、肺の音も問題なし

いよいよ‼︎お注射です

お注射された瞬間の写真がこちら ⇓⇓

見てるー花ちゃーん

Dsc02548

私は、自分の注射の時は…見れないよー

ちなみに… 院長も、自分の注射の時はダメらしいですー

Dsc02550

頑張ったよー花ちゃん

先生から、ご褒美のおやつをもらって

ご機嫌な〜花ちゃん~

当院では!引き続き、狂犬病予防注射!予約受付中です。

座間市・海老名市・相模原市にお住まいの方限定にはなりますが、

狂犬病予防注射の役所への手続きを代行で承っております。

代行サービスは、6月いっぱいまでとなっております。

ご予約お待ちしております

                         看護師:翁長

2017年5月 7日 (日)

うさちゃんコロコロ

こんにちは

暖かくなり薄着でも過ごせる日が増えましたね

時々暑すぎる日にはアイスが食べたくなります

今回はうさぎちゃんで多い病気  胃停滞 について書きたいと思います

胃停滞を引き起こす主な症状に「毛球症」「誤飲」「胃拡張」などがあります

どんな原因・症状があるの?

食事の中の繊維不足や、ストレスが過剰にかかると、うさぎは胃腸の動きが悪くなり腸内細菌のバランスが崩れてしまい、上手く便を出すことが出来なくなります

・食欲が落ちる

・便の量が減る

・大きさが小さくなる

うさぎは、体調が悪くても一見いつも通りに見えます

もともと自然界では食べられる側の動物なので弱みを見せることはありません。

症状が見えた時は、状態が悪い事が多いです

歯ぎしり・動きたがらないなどといった不調、痛みを表す行動をとり、食欲がなくなってしまいます

お家での治療方法は?

お腹をよく動かすため、繊維を多く含む牧草(チモシー)や葉野菜をたくさん食べる事が大切です

先ほどもお伝えしたように、うさぎは具合が悪くなっても表情や行動に出すことが少ない動物です

なので、食欲や便の量・大きさに少しでもお気づきのことがあればお気軽にご連絡ください

                                看護師 斎藤

« 2017年4月 | トップページ | 2017年6月 »