« 2022年1月 | トップページ | 2022年3月 »

2022年2月

2022年2月25日 (金)

尿石症に注意!

こんにちは!

日中の日差しが暖かくなり、春の気配が近づいてきましたね🌸

とはいえ、夜から早朝にかけてはグッと温度が下がりますので、ご自身の為にも、ペットちゃんの為にも、

防寒対策は続けていきましょう⛄



さて、今回は寒い時期に多く見られる

「尿石症」

についてご説明します。

 

尿石症はその名の通り、尿が濃縮されて腎臓や膀胱、尿道で結石になってしまった状態を指します。

形成された結石は、粘膜を刺激して痛みをもたらしたり、尿道でつまってしまうことがある上に、

一度治っても繰り返すことが非常に多いです。

 

💣原因

尿石症の原因は様々あげられますが、そのうちのひとつが水分不足です。

人も動物も、冬場は他の季節と比べてあまりお水を飲みませんよね🍸

水分摂取量が少ないと尿中のミネラル濃度が濃くなり、

そういった尿が膀胱内に長時間留まると結晶化し始めます。

やがて時間が経ち結晶が集まった結果、尿石になります。

 

💡症状

・トイレに行く回数が多い

・排尿の度に力んでいたり、痛そうな様子がある

・力んでいるが尿がでない

・トイレでうずくまっている

・いつもと違うところで排尿をする

・尿に血が混ざっていることがある

・腹部を触ると痛がる

・食欲不振、嘔吐 等

※上記の症状は他の病気でも当てはまります。

いつもと様子が違うな、と感じたら病院へ相談しましょう。

 

💊予防

・総合栄養食以外の物を与えすぎない。

また、総合栄養食であっても、煮干し等が入っているタイプのものは避けましょう。

 

・排尿を我慢させないようにする。

猫ちゃんの場合は飼育頭数+1個のトイレを置きましょう。

 

・水分不足に注意する。

あまりにも自ら水分摂取をしない場合は、ウェットフードに切り替えるのもひとつです。

 

ただし、体質も関係する病気ですので、どんなに気をつけていても病気になってしまうことがあります。

万が一尿石症になってしまったら、

早期発見・早期治療

が重要です!

定期的な健診や尿検査も早期発見への鍵になりますので、

気になる事がある方もない方も、いつでもご予約ください🌟

 

看護師 石田🦜

« 2022年1月 | トップページ | 2022年3月 »